不動産相続登記・預貯金口座などの相続手続き

相続名義変更サポート

不動産名義変更6万円 預貯金口座5万円から手続き代行致します。

運営事務所:司法書士島田悠史事務所
〒113-0021 東京文京区本駒込5丁目57-7(
駒込駅から東口から徒歩5分)

ご相談・お見積りは無料です。
お気軽にお問合せください

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

03-5842-1985

相続手続きの豆知識

遺産分割の種類

相続が開始すると亡くなられた方(被相続人)の遺産は法定相続分によって相続人全員の共有状態になります。

相続分の割合によって相続人がそれぞれ遺産を取得する形になりますが、実際には法定相続分で相続手続きを進めることはあまりありません。

遺産分割の方法(現物、代償、換価)

亡くなられた方が生前に遺言書を作成していた場合は、その遺言書をもとに相続手続きを進めることになりますが、遺言書がない場合は相続人全員で話し合いをして、不動産を誰の名義にするか、銀行口座の預金をどのように分けるかなどを決めていきます。

遺産分割協議書と相続手続き

共同相続人の間で亡くなられた方の(被相続人)の遺産をどのように分配するかについて遺産分割協議がまとまったら、遺産分割協議書を作成しましょう。

遺産分割協議書の作成方法

遺産分割協議とは財産を法律で決まっている法定相続分以外の割合で相続する場合や、亡くなられた方が生前に遺言書を残していない場合に、相続人の間で誰がどの財産を取得するかを決める話し合いのことです。

そして実際に財産の名義変更など各種手続きをする際に、話し合いの内容を書面化した遺産分割協議書が必要になります。

 

不動産相続登記に必要な費用

相続登記に必要な登録免許税や戸籍の書類取得費、司法書士への報酬相場などを解説しています。

相続登記‐役所で取得する必要書類

土地、家、マンション等の相続不動産を名義変更するには不動産を管轄する法務局に相続登記を申請しなければなりません。

申請の必要書類は戸籍、住民票などの役所で取得する書類と、遺産分割協議書などの自分で作成する書類があります。

このページでは役所で取得しなければならない相続登記の必要書類について解説します。

相続登記に必要な戸籍

不動産の相続登記をする場合、申請の書類として被相続人(亡くなられた方)と相続人の戸籍が必要になりますが、相続の内容によって必要になる戸籍の種類は異なります。

遺産分割協議や法定相続分によって申請をする場合、被相続人の戸籍は死亡時の戸籍1通では足りず、昔の改製原戸籍や除籍謄本など死亡から出生まで遡った全ての被相続人の戸籍が必要になります。

また、相続人が子、父母、兄弟姉妹かどうかで集めなければならない戸籍の量も変わってきます。

このページでは相続登記を申請する際に必要な戸籍をケース別に解説します。

相続登記に必要な固定資産評価証明書

固定資産評価証明書とは不動産名義変更(相続登記)に必要となる登録免許税の計算に必要となる、土地、家、マンションの固定資産評価額が記載された証明書です。

相続登記の登録免許税の計算方法

相続不動産の名義変更は法務局へ登記の申請をすることになりますが、申請には登録免許税という税金を納付する必要があります。

登録免許税は不動産の評価額で計算するもので、評価額によって相続登記にかかる費用に差が出てきます。

登録免許税がどれくらいかかるのかを知れば、手続き費用のイメージが掴みやすいので早めに把握しておく事をお勧めします。

 

このページでは相続登記における登録免許税の計算方法をご案内します。

法定相続人の順位と相続分

亡くなられた方が(被相続人)が生前に遺言書で相続分の指定をしていない場合、各共同相続人の相続分は法律で定められた持分により遺産を共有します。

これが法定相続分と呼ばれるものです。

兄弟姉妹が相続人になる場合-必要な戸籍の範囲など

このページでは兄弟姉妹が相続人となる場合の、相続分や相続手続きに必要な戸籍の範囲などを解説しています。

 

代襲相続の解説-必要になる戸籍も紹介

代襲相続(だいしゅうそうぞく)とは相続が開始して本来ならば相続人になるはずであった者が、被相続人(今回の相続で亡くなられた方)より先に亡くなっているなどの場合にその相続人の子供(被相続人から見て孫や甥・姪に当たる者)が代わって相続人になるというものです。

代わりに相続人になる者を代襲相続人と呼びます。

数次相続の解説-遺産分割協議書や取得する戸籍の範囲

数次相続とは相続が開始して、被相続人(亡くなられた方)の不動産や預貯金などの遺産について相続手続きが完了する前に、さらにその相続人が亡くなってしまい、次の相続が開始したという状況です。

相続放棄した者がいる場合の相続手続き
 

相続放棄とは亡くなった方(被相続人)の相続人が今回の相続について初めから相続人とはならないよう、家庭裁判所において相続放棄の申述をするという手続きです。

相続放棄した相続人は、相続分も無くなり、遺産分割協議に参加する権利も無くなります。

この家庭裁判所でする相続放棄手続きは、被相続人の遺産が預貯金などのプラスのものに比べ借金などのマイナスのものが多く、遺産を相続したくないような場合は、生前の被相続人との関係で心情的に相続には一切関わりたくないと考えているようなケースで利用されます。

相続登記の必要書類(遺産分割協議・遺言書・法定相続分)

相続登記の必要書類(遺産分相続登記(不動産名義変更)を法務局に申請する際は戸籍などの必要書類を提出する必要があります。

この必要書類は不動産の名義人となる相続人を決めた方法によってそれぞれ変わってくるもので、大きく分けると以下の3つになります。

  • 遺産分割協議によって相続登記する場合
  • 遺言書の内容で相続登記する場合
  • 法定相続分によって相続登記する場合割協議・遺言書・法定相続分)

相続登記の必要書類を解説(法定相続分)

相続が開始して亡くなられた方が所有していた不動産を相続人の名義に変更するためには、法務局へ相続登記の申請をする必要がありますが、このページでは法定相続分による相続登記の必要書類を解説していきます。

遺産分割協議をした場合の相続登記の必要書類

土地、家、マンション等の相続不動産を名義変更するには不動産を管轄する法務局に相続登記を申請しなければなりません。

申請の必要書類は戸籍、住民票などの役所で取得する書類と、遺産分割協議書などの自分で作成する書類があります。

このページでは役所で取得しなければならない相続登記の必要書類について解説します。

不動産を相続させる遺言書がある場合の相続登記の方法

先日亡くなった父が生前に作成していた遺言書が見つかり、内容は父が所有していた土地・家全てを母に相続させる内容だった。

このような遺言書が存在する場合は、その内容に従って不動産の名義を変更する相続登記を申請する事になります。

このページでは遺言書がある場合にその内容で相続登記を申請する方法を解説していきます。

遺言書の内容で名義変更する相続登記の必要書類

亡くなられた方(被相続人)が生前に遺言書を作成されていて、所有していた土地・家・マンションなどの不動産を特定の相続人に取得させる内容の遺言書だった場合は、原則遺言書の内容通りに不動産の名義変更するため相続登記の申請をすることになります。

このページでは遺言書の内容に従って相続登記を申請する場合の必要書類についてご案内します。

相続手続きでお困りなら

当事務所は各種相続手続きについてご相談は無料で承っております。

ご相談・ご依頼のお問い合わせは、お電話又はお問い合わせフォームからご連絡ください。

費用の概算をお知りになりたい方はお見積りフォームをご利用ください。

どのようなご相談でも結構です。

親切・丁寧に対応させていただきます。

 

当事務所のサービス

法務局に申請する相続登記を完全サポート。

全国の不動産に対応しています。

金融機関での預貯金口座の名義変更・解約払い戻し。

お客様の手間を最小限に。

遺言書文案作成から証人2名のご用意まで。

安心、確実な遺言書を作成します。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-5842-1985

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

ご依頼・相談はこちら

お電話でのお問合せ・相談予約

03-5842-1985

無料お問い合わせ・お見積りフォームは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。
 

アクセス・受付時間

住所

〒113-0021 東京文京区本駒込5丁目57-7

アクセス

駒込駅から東口から徒歩5分

受付時間

9:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日

※フォームからのお問合せは24時間受付しております。

代表者ごあいさつ

司法書士 島田 悠史

   東京司法書士会所属
   登録番号 東京7509号