不動産相続登記・預貯金口座の名義変更

司法書士島田悠史事務所

不動産名義変更7万円 預貯金口座6万円から手続き代行致します。

〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目57-7(駒込駅から東口から徒歩5分)

ご相談・お見積りは無料です。
お気軽にお問合せください

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

03-5842-1985

相続登記に期限はある?相続登記の必要書類の有効期限についても解説!

【相続登記なら司法書士島田悠史事務所へ】

全国対応でご自宅からお申込み可能。
オンライン申請対応により出張費はかかりません。

相続登記丸ごと代行プラン 7万円(税込)

様々なケースのお客様に対応致します。

  • 相続した不動産がお住まいから遠方にある。
  • お住まいの近くで司法書士事務所を見つけられない。
  • 法務局に行く時間が無い。
  • 戸籍や遺産分割協議書の取得と作成もお願いしたい。

ご依頼いただいたお客様にやっていただくこと

印鑑証明書の取得 相続人全員の印鑑証明書
当事務所で作成した書類への署名押印 遺産分割協議書や委任状など
ご依頼いただいたお客様の声

相続登記は、不動産の相続に際して避けられない重要な手続きですが、その過程には多くの疑問が伴うものです。特に、「相続登記に期限はあるのか」という点と、「相続登記に必要な書類の有効期限はどうなっているのか」という点については、多くの相続人やその関係者が明確な答えを求めているのではないでしょうか。

本記事では、相続登記の期限と、登記に必要な書類の有効期限について、詳しく解説します。

相続は時に複雑であり、法律の変更によりその手続きは常に変化しています。本記事を通して、相続登記の最新の要件を正確に理解し、必要な手続きを適切に行うためのガイドとしてお役立てください。

 

そもそも相続登記とは

相続登記は、土地や建物などの不動産を相続する際に必要な法的手続きの一つです。相続登記の目的は、亡くなった被相続人の名義から相続人の名義へと変更し、不動産の所有権を第三者に公示する事にあります。

相続登記のプロセスは、被相続人の不動産所在地を管轄する法務局で行われます。

相続登記を行わないと、さまざまな不利益を被るリスクがあります。例えば、登記がされていない不動産は売却することができません。また、名義が亡くなった方のままの場合、将来的な遺産分割や相続の際にトラブルを招く可能性があります。さらに、税務上の問題や、不動産に関連する法的な取引においても支障をきたすことがあります。

このように、相続登記は不動産の正式な所有権を移転するために必須の手続きです。相続人がその不動産を法的に自分のものとして扱えるようにするために、重要な役割を果たしています。

 

2024年4月1日からは相続登記が義務化される

2024年4月1日から、重要な法改正が施行され、不動産の相続登記が義務化されます。これにより不動産の相続がより透明かつ明確になることが期待されています。

 

相続登記が義務化されることにより、相続によって不動産を取得した相続人は、その所有権の取得を知った日から3年以内に相続登記の申請をしなければなりません。このルールは、新たに発生する相続のみならず、法改正の施行日以前に発生した相続についても適用されます。そのため、過去に発生し認識している相続に関しても、施行日である2024年4月1日から3年以内に相続登記を完了させる必要があります。

 

さらに、相続登記の義務化に伴い罰則も設けられます。2024年4月1日以降に3年以内の相続登記の義務を果たさなかった場合、10万円以下の過料が科される可能性があります。

 

今回の法改正は、所有者不明の土地問題の解消や、不動産取引の透明性向上など、多くのメリットをもたらすことが期待されています。相続登記義務化により、相続人は相続発生後の適切な手続きを意識し、法的な責任を果たすことが求められるようになります。そのため、相続登記の必要性や手続きの流れについて十分な理解を持つことが、2024年4月以降はより一層重要となるでしょう。

 

相続登記を先延ばしにすることで発生するリスク

相続登記を先延ばしにすることは、いくつかの重要なリスクを引き起こす可能性があります。これらのリスクを理解し、適切な対処を行うことは、相続における財産管理の重要な側面です。

 

1.不動産を売買、担保にすることができない

相続登記が行われていない不動産は、相続人の所有権が公示されていない状態のため、売買や担保として使用することができません。これは、所有権が明確でない不動産に関する取引が法的に困難であるためです。その結果、相続人は不動産を有効に活用する機会を逸するリスクがあります。

 

2.不動産を差し押さえられる可能性がある

相続登記がなされていない不動産については、共同相続人の借金等の理由で第三者による差し押さえの対象となる可能性があります。これは、相続登記を申請して対抗要件を備えなければ、自分の法定相続分を超える権利については第三者に対抗する事ができないからです。

 

3.相続登記の難易度が上がる

時間が経過すると、必要な書類を収集することや相続人間の合意を形成することが難しくなることがあります。特に相続人が多数いる場合や、相続人間の意見の不一致がある場合には、相続登記の手続きが複雑化し、時間とコストがかかるようになります。

 

以上のリスクを避けるためには、相続が発生した際には早期に相続登記の手続きを進めることが推奨されます。リスクに関する詳細な情報や相続登記の手続きに関するさらなる説明は、下記の記事を参照してください。

相続登記の必要書類に有効期限はある?

相続登記の手続きにおいては、様々な書類が必要となります。これらの書類の有効期限については、一般的な規則と特定のケースにおける例外が存在します。以下では、必要書類の有効期限に関する詳細を解説します。

基本的に有効期限はない

相続登記に必要な多くの書類については有効期限が設けられていません。例えば、戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍、印鑑証明書、遺産分割協議書などは、発行から長い年月が経過していても、その内容が正確であれば使用可能です。これにより、何十年も前の書類でも相続登記の手続きに利用できることになります。

 

ただし、これらの書類についても、内容が現状と異なる場合や特定の条件下では最新版が必要となることがあります。

 

相続人の戸籍謄本

相続人の戸籍謄本は、被相続人の死亡後に取得したものが必要です。これは、相続登記において、相続が発生した段階での相続人の情報が正確であることを証明するためです。また、相続人の生存を確かめるためでもあります。被相続人の死亡日以降に発生した変更事項を含めた、最新の戸籍情報が必要となります。

固定資産評価証明書

固定資産評価証明書の場合、最新版の提出が必要です。相続登記にかかる登録免許税の計算に、固定資産評価証明書に記載されている固定資産税評価額が使用されるため、古い情報では正確な税額を算出することができません。固定資産評価証明書は毎年4月1日に更新されるため、常に最新の書類を用意することが重要です。

戸籍謄本に期限があるケース

未成年者や制限行為能力者が相続登記の申請者となる場合、親権者が法定代理人として手続きを行います。この場合、親権者が法定代理人であることを証明するために、発行から3カ月以内の戸籍謄本が必要になることがあります。これは、法定代理人であることを確認するための要件であるため、必ず守らなければならないものです。

必要書類は相続のケースによって異なる

相続登記を進める際、必要となる書類は相続の具体的な状況によって異なります。必要書類の種類は、相続人の数、相続の種類(法定相続、遺産分割協議による相続など)、被相続人の家族構成や過去の居住地など、多岐にわたる要因によって左右されます。それぞれのケースに応じた書類を適切に揃えることが、スムーズな相続登記手続きには不可欠です。

 

法定相続や遺言による相続など相続のケースごとに必要な書類やその取得方法について、より詳細に知りたい方は、下記のリンクで詳しい情報を確認してください。

 

まとめ

2024年4月1日から施行される法改正により、相続登記が義務化されることになります。この変更により、相続を認識した日から3年以内に相続登記を行う必要が生じます。また、法改正前の相続に関しても、施行日から3年以内の期限が設けられています。

期限内に相続登記を行わなかった場合の罰則も導入され、登記を行わないと10万円以下の過料が科される可能性があります。

 

一方、相続登記に必要な書類の有効期限については、一般的には特定の期限は設けられていません。戸籍謄本や除籍謄本など、何年も前の書類でも、内容が現状に適合していれば使用可能です。ただし、相続人の戸籍謄本は被相続人の死亡後に取得したものが必要であり、固定資産評価証明書は最新版を用いる必要があります。

 

このページの執筆者

島田 悠史
昭和61年生まれ 東京都荒川区出身

■資格
司法書士
登録番号 東京7509号
簡裁訴訟代理関係業務認定会員
認定第1501067号

■所属
東京司法書士会

■ごあいさつ
2015年に司法書士試験合格後、2017年に文京区で独立開業。
相続業務に特化し、不動産相続登記に加えて預貯金・株式などの金融資産も含めた遺産承継手続きを年間100件以上受任。
依頼者様が気軽に相談が出来る事務所環境を整えております。

 

相続手続きでお困りなら

当事務所は各種相続手続きについてご相談は無料で承っております。

ご相談・ご依頼のお問い合わせは、お電話又はお問い合わせフォームからご連絡ください。

 

費用の概算をお知りになりたい方はお見積りフォームをご利用ください。

どのようなご相談でも結構です。

親切・丁寧に対応させていただきます。

 

 

無料お問合せ・お見積もりはこちら

WEBでのお問合せ・お見積りは24時間365日受け付けております。
現役の司法書士があなたのお悩みに真摯にご対応いたします。
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

03-5842-1985

     受付時間:9:00~18:00
     定休日:土曜・日曜・祝日

ご依頼・相談はこちら

お電話でのお問合せ・相談予約

03-5842-1985

無料お問い合わせ・お見積りフォームは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。
 

アクセス・受付時間

住所

〒113-0021
東京文京区本駒込5丁目57-7

アクセス

JR山手線「駒込駅」東口より徒歩5分
東京メトロ南北線「駒込駅」1番出口より徒歩7分

受付時間

9:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日

※フォームからのお問合せは24時間受付しております。

代表者ごあいさつ

司法書士 島田 悠史

   東京司法書士会所属
   登録番号 東京7509号