不動産相続登記・預貯金口座の名義変更

司法書士島田悠史事務所

不動産名義変更7万円 預貯金口座6万円から手続き代行致します。

〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目57-7(駒込駅から東口から徒歩5分)

ご相談・お見積りは無料です。
お気軽にお問合せください

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

03-5842-1985

【駒込駅徒歩5分】相続手続きの相談なら司法書士島田悠史事務所

【相続登記なら司法書士島田悠史事務所へ】

全国対応でご自宅からお申込み可能。
オンライン申請対応により出張費はかかりません。

相続登記丸ごと代行プラン 7万円(税込)

様々なケースのお客様に対応致します。

  • 相続した不動産がお住まいから遠方にある。
  • お住まいの近くで司法書士事務所を見つけられない。
  • 法務局に行く時間が無い。
  • 戸籍や遺産分割協議書の取得と作成もお願いしたい。

ご依頼いただいたお客様にやっていただくこと

印鑑証明書の取得 相続人全員の印鑑証明書
当事務所で作成した書類への署名押印 遺産分割協議書や委任状など
ご依頼いただいたお客様の声

相続登記とは亡くなられた方(被相続人)が所有していた土地・建物・マンションなどの不動産を、相続人の名義に変更する手続きです。

 

相続した不動産を売却したり、抵当権などの担保を設定するには必ず相続登記が必要になります。

また、不動産を相続したが名義変更しないまま放置して下の世代の相続が複数回発生し、相続人の人数が膨大になった結果、所有者不明の不動産が全国で増えていることも問題になっています。

 

このページでは相続登記で必要になる書類や、かかる費用についてご案内しています。

当事務所は相続手続きに特化した司法書士事務所で、年間100件以上の相続登記のご依頼を承っております。

相続登記についてのご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

必要書類(遺産分割協議の場合)

被相続人(お亡くなりになった方の書類)

  • 被相続人の戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍

(当事務所で取得します)

死亡から出生までをさかのぼって取得します。離婚や転籍などで本籍地が変わっている時はその本籍地の役所ごとに取得します。
  • 住民票の除票または戸籍の附票

(当事務所で取得します)

登記簿上の住所との同一性を確認します。住民票は本籍地の記載のあるものが必要です。

 

相続人の書類

  • 相続人の現在の戸籍

(当事務所で取得します)

法定相続人全員のものが必要です。出生時までさかのぼる必要はありません。
 
  • 住民票または戸籍の附票

(当事務所で取得します)

不動産の名義人になる方のものが必要です。

  • 遺産分割協議書

(当事務所で作成します)

被相続人の財産をどの相続人が取得するか協議した結果を書面にします。
  • 印鑑証明書

法定相続人全員のものが必要になります。

有効期限はありません。

 

 

その他の書類

  • 固定資産評価証明書

(当事務所で取得します)

登録免許税を計算するために最新年度のものが必要です。

  • 相続関係説明図

(当事務所で作成します)

申請に使った戸籍謄本等を原本還付する場合に必要になります。

 

 

上記の書類は相続人の間で遺産分割協議(相続財産についての話し合い)をして、特定の相続人が不動産の名義人になる場合の必要書類になります。

法定相続分、遺言書によって相続登記を申請する場合の必要書類は以下のページをご覧ください。

 

相続登記の必要書類は戸籍などの役所で取得する書類と、遺産分割協議書などの自身で取得する書類に分かれます。

 

戸籍謄本一式は本籍地の役所、住民票と印鑑証明書はお住まいの住所地の役所、固定資産評価証明書は東京23区であれば都税事務所、その他の地域は不動産所在地の役所で取得します。

 

自身で作成する遺産分割協議書については亡くなられた方(被相続人)の本籍地や死亡年月日、どの相続人がどの遺産を相続するかを不動産の表示を含め正確に記載し、相続人全員が実印で押印して作成しなければなりません。

 

当事務所にご依頼いただいた相続登記は、相続人の印鑑証明書以外の書類はすべて弊所の司法書士が取得と作成を代行します。

司法書士が作成した書類に署名押印いただければ相続登記が完了できるように、お客様の手間を最小限にするように努めてご依頼を承っております。

費用について

相続登記に必要になる費用は

  • 登録免許税 
  • 戸籍などの書類取得費 
  • 司法書士の報酬

の合計額になります。

以下でそれぞれの費用について説明していきます。

登録免許税

登録免許税とは相続登記を法務局へ申請する際に納付する税金で、必ず必要になる費用になります。

税額は申請する不動産の固定資産評価額に0.4%を掛けて計算をします。

不動産の評価額が1,000万円であれば登録免許税は4万円ということになります。

 

登録免許税を計算にするには評価額がいくらなのか分からなければいけませんが、評価額の調べ方は固定資産納税通知書の課税明細書か、固定資産評価証明書で確認することが出来ます。

固定資産納税通知書の課税明細書は毎年5月か6月くらいに不動産所有者宛に送られてくる書類で、評価額が記載されています。

 

固定資産評価証明書は役所で手数料を支払って取得するもので不動産の評価額を証明する公的な書類になります。

固定資産評価証明書は相続登記の申請書類にもなります。

登録免許税の詳しい計算方法については以下のページをご覧ください。

 

書類取得の手数料

戸籍謄本      1通 450円

除籍謄本      1通 750円

改製原戸籍     1通 750円

戸籍の附票     1通 300円

住民票       1通 300円

固定資産評価証明書 1通 400円

登記事項証明書   1通 500円

 

各自治体により手数料が異なる書類があります。

必要書類になる戸籍などを取得する際に役所に支払う手数料です。

通常ですと5,000円程度で必要な書類を全て揃えることができると思います。

 

被相続人の転籍の回数、相続人の人数や申請の内容で揃えなければならない書類の量は異なります。

 

司法書士の報酬

司法書士に相続登記を依頼した場合に発生する報酬です。

報酬額はそれぞれの事務所によって異なりますが、依頼する手続きの範囲によっても変わってきます。

 

必要書類の取得と作成は自分で用意するので、法務局へ登記申請だけをお願いしたいというように手続きの一部を依頼するのか、戸籍の取得や遺産分割協議書の作成も含め全ての手続きを依頼するかというような選択もできます。

報酬の相場は前者であれば3万円〜5万円、後者は7万円〜10万円ぐらいになるかと思います。

 

司法書士に依頼すればやってくれること

被相続人の戸籍一式の書類取得

被相続人の戸籍については死亡から出生までの全ての戸籍を集めなければなりません。

相続人自身の現在戸籍については本籍地の役所で1回で取得することができますが、出生まで遡って戸籍を取得するのは手間と時間のかかる作業です。

 

過去に結婚や転籍などで複数回本籍地が変わっている場合にはそれぞれの役所に請求しなければなりませんし、古い戸籍は手書きで記載されたものなので、判読するのも慣れていないと難しい部分があります。

司法書士に依頼すれば申請に必要な書類のうち、相続人の印鑑証明書以外の書類については基本的に全てのものを揃えてくれます。

 
 

遺産分割協議書の作成

相続人全員で遺産について話し合った内容を書面にしたものが遺産分割協議書ですが、遺産分割協議の内容で相続登記を申請する場合は必ず遺産分割協議書を作成しなければなりません。

決まった書式はありませんが、被相続人の情報や不動産の表示などを正確に記載しなければなりません。

 

もし内容に不備があって申請が通らず、遺産分割協議書自体を作り直すということになると相続人全員の実印での押印が再度必要になりますので、作成は専門家に任せた方が良い書類です。

 

法務局に自分で行く必要がない。

自分で申請する場合は、法務局での無料相談の利用や申請、権利証の受領などで何回か不動産管轄の法務局へ足を運ばなければなりませんが(申請や書類受領は郵送でも可能です)、司法書士に依頼した場合には申請から法務局とのやりとり、権利証の受領まで全て代行してくれます。

 

実家の不動産を相続する場合で、現在の自分の住まいと管轄の法務局が離れているようなケースではなかなか現地の法務局に行くのは難しいと思います。

ほとんどの司法書士事務所はオンライン申請システムに対応しているので、全国どこの不動産でも申請が可能になっています。

 
 

当事務所の相続登記丸ごと代行プラン

相続登記は不動産を管轄する法務局で申請をします。

相続登記の申請自体はけっして難しい手続きではなく、法務局の無料相談や、書籍で方法を調べて相続人自身で申請することも可能ですが、専門家である司法書士に依頼すれば全ての手続きを任せて、一か月程度で申請を完了させることが出来ます。

自分で申請しようと考え進めてみたが、行き詰ってしまった方もお気軽にご相談ください。

 

相続登記丸ごと代行プラン

土地・家・マンションの不動産名義変更を書類収集から登記申請までを丸ごと代行。
全国対応でご依頼承ります。

  • 手続きに必要な全ての戸籍一式の取得
  • お客様の状況に合わせた遺産分割協議書の作成
  • 相続関係説明図の作成
  • 申請書作成から完了書類受領まで法務局への登記申請も全て代行

手続きの流れ

お問合せ

ご相談は無料で承ります。

まずお電話又はお問い合わせフォームからお問い合わせください。

費用の概算を知りたいという方はお見積りフォームをご利用ください。

電話、メールでは不安なので詳しくお話したいという方には、面談でのご相談も可能です。

最初にお問い合わせいただく内容は

  • 費用がどれくらいかかるのか知りたい
  • 必要書類を知りたい
  • 手続き開始から完了までの期間

等のご相談が多いです。

ご依頼

ご依頼いただく前に必ず事前に費用のお見積りを提示いたします。

内容に納得いただきましたら、正式にご依頼ください。

手続き内容でご不明な点がございましたらお気軽にお申し付けください。

着手金等はございませんので、この時点で費用の請求はありません。

 

手続き開始

ご依頼いただきましたら、すぐに手続きを開始します。

被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本や遺産分割協議書等の書類は当事務所で取得・作成致します。

 

書類の準備が完了する期間は2週間から3週間ほどとなります。

相続人の方にしていただく手続きは

  • 印鑑証明書の取得
  • 申請書類への署名押印

となります。

 

法務局へ登記申請

手続きの準備が整いましたら、登記申請書を作成して不動産を管轄する法務局へ名義変更の登記申請をします。

 

法務局での審査を経て、申請完了までの期間は1週間から2週間ほどとなります。

 

手続き完了

法務局での申請が終わりましたら、お客様へ不動産の権利証を含む完了書類をお送りします。

書類をお受け取りいただきましたら全ての手続きが完了になります。

 

手続き開始から完了までの期間はおおよそ1ヵ月から1ヵ月半です。

完了後もご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

 

相続手続きでお困りなら

当事務所は各種相続手続きについてご相談は無料で承っております。

ご相談・ご依頼のお問い合わせは、お電話又はお問い合わせフォームからご連絡ください。

 

費用の概算をお知りになりたい方はお見積りフォームをご利用ください。

どのようなご相談でも結構です。

親切・丁寧に対応させていただきます。

 

 

無料お問合せ・お見積もりはこちら

WEBでのお問合せ・お見積りは24時間365日受け付けております。
現役の司法書士があなたのお悩みに真摯にご対応いたします。
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

03-5842-1985

     受付時間:9:00~18:00
     定休日:土曜・日曜・祝日

ご依頼・相談はこちら

お電話でのお問合せ・相談予約

03-5842-1985

無料お問い合わせ・お見積りフォームは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。
 

アクセス・受付時間

住所

〒113-0021
東京文京区本駒込5丁目57-7

アクセス

JR山手線「駒込駅」東口より徒歩5分
東京メトロ南北線「駒込駅」1番出口より徒歩7分

受付時間

9:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日

※フォームからのお問合せは24時間受付しております。

代表者ごあいさつ

司法書士 島田 悠史

   東京司法書士会所属
   登録番号 東京7509号